Skip to main content
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
marreon
Contributor II
Contributor II

チャートにおける計算について

現在、以下3つのテーブルがロードされ、①と②はアカウントID、②と③は品目でリレーションが貼られている状態です。

 

テーブル①=全アカウント登録データ

・アカウントID

・登録日

・年代

テーブル②=全購入データ

・アカウントID

・購入ID

・購入日

・品目

テーブル③=全販売品目データ

・品目

・発売日

 

このとき、ピボットを使用し、”2022年の登録者”における品目ごとの購入率「購入者数(distinct)/全登録者数(2022年登録)」を一つのテーブル内で実現したいのですが、全登録者数がうまくいきません。

なお、”2022年の登録者”の部分については、フィルタを使用し、21年、23年など流動的なものとしたいです。

ご教示お願いいたします。

 

 

14 Replies
tts
Employee
Employee

数式を色々試したら、現時点のデータモデルでも実現できるのかもしれませんが、ちょっとすぐには分からないですね。

そちらでも色々試されると上手く行くかもしれませんね。。。

tts
Employee
Employee

もともと計算に値しない(購入されていないので0)行は表示する必要無いというのであれば、

Count(TOTAL distinct [アカウントID])

とすることで 3 と表示されます。

(※軸のプロパティで「NULL値を含める」のチエックを外せば不要な - の行も消えます)

添付の画像を見てみてください。

marreon
Contributor II
Contributor II
Author

ありがとうござます。

ただこの場合の「3」は、あくまでも22年の全体登録者数が「3」であることを表しており、20代の登録者が「3」であることを表してはいないと思いますがいかかでしょうか?

もし22年に30代の登録者が一人でもいれば、数値が変わってしまう気がします。

hka
Employee
Employee

下記で集計可能なはずです。

count(distinct Total <[年代]> [アカウントID])

marreon
Contributor II
Contributor II
Author

ご回答ありがとうございます。

上記数式と、軸の「NULL値を含める」にチェックを入れることで実現できました。

ありがとうございました。