Qlik Community

Japan

Announcements
Submit your remarkable customer story for the Global Transformation Awards at QlikWorld Denver 2022. SUBMIT A STORY
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
rockhill
Contributor II
Contributor II

テーブル内の項目の事後計算後のカウント

Qlikセンス初心者です。

客数分析を行う中で、顧客コードカウントは

Count(Distinct [顧客コード])

で出せるのですが、この中に返品データも含まれてしまっています。

フラグとして返品をもっているのですが、

返品をマイナスしてKPIに出す、もしくはマスターアイテムにする式の作成がわかりません。

初心者なので教えて頂きたいと思います。

1 Solution

Accepted Solutions
hka
Employee
Employee

一番単純なのは以下になります。

count({<返品フラグ = {'1'}>}DISTINCT 顧客コード) - count({<返品フラグ = {'0'}>}DISTINCT 顧客コード)

他にもいくつか方法がありますが、データを参照してないので画像を基に記載してます。

View solution in original post

4 Replies
hka
Employee
Employee

データ項目がわからないので例で式を記述します。

返品フラグをRFLGとした場合、1を返品データ、0が通常品とすると数式は以下の通りになります。

 count({<RFLG -= {'0'}>}DISTINCT 顧客コード)

データの中身が上記の例と違う場合は教えてください。

rockhill
Contributor II
Contributor II
Author

回答ありがとうございます。

イメージと少し違ったので図を添付します。

27218c7473084fe8b69c8c8549aeca24.png

返品フラグが、1を返品データ、0が通常品としたときに


「20003」が4504-31=4473 になる式を教えて頂きたいです。

hka
Employee
Employee

一番単純なのは以下になります。

count({<返品フラグ = {'1'}>}DISTINCT 顧客コード) - count({<返品フラグ = {'0'}>}DISTINCT 顧客コード)

他にもいくつか方法がありますが、データを参照してないので画像を基に記載してます。

View solution in original post

rockhill
Contributor II
Contributor II
Author

回答ありがとうございます。

単純に引き算すればよかったんですね。

助かりました