Qlik Community

Japan

Announcements
Support Case Portal has moved to Qlik Community! Read the FAQs to start exploring Support resources.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
qhogehoge
Contributor II
Contributor II

Document CALの設定

Document CALの設定をしたにもかかわらず、意図しないドキュメントが見えてしまうという事象に直面して困っています。
考えられる原因についてどなたかご教授頂けないでしょうか。

以下の設定を行いました。

  1. QlikView Server側にWindowsユーザーAを作成
  2. QEMCにてDocumentCALを設定
    • ドキュメントX,Y,Zが存在
    • ユーザーAにドキュメントXに対するアクセス権を付与
    • ユーザーAはその他のドキュメントに対するアクセス権は付与されていない

上記の設定にもかかわらず、

ユーザーAは、なぜかドキュメントXのみならず、ドキュメントY、ドキュメントZも参照出来てしまいます。

DocumentCAL1つで参照可能なのは1ドキュメントと認識しておりますが、何か設定に間違いがあるのでしょうか?

Labels (1)
1 Solution

Accepted Solutions
Not applicable

NamedCALの設定で、「Allow dynamic CAL assignment」がオンになっていて、かつ空いているNamedCALが存在すると、自動的にNamedCALがアサインされます。念のため、ユーザーAにNamedCALがアサインされてしまっていないか確認してみてください。

View solution in original post

2 Replies
Not applicable

NamedCALの設定で、「Allow dynamic CAL assignment」がオンになっていて、かつ空いているNamedCALが存在すると、自動的にNamedCALがアサインされます。念のため、ユーザーAにNamedCALがアサインされてしまっていないか確認してみてください。

View solution in original post

qhogehoge
Contributor II
Contributor II
Author

仰る通り、NamedCALがアサインされておりました。

アサインを解除することで、意図する動きになりました。

ありがとうございます。