Skip to main content
Yuki_Suzuki
Employee
Employee

Qlikでは、製品を改善するために、ユーザー調査とインタビューを継続的に実施しています。その結果に基づき、新しい編集モードを追加しました。より簡素化された編集画面で、分析画面の作成がさらに容易になります。特にグラフの作成、データの探索、プロパティの定義、フィルタリングなどにすぐアクセスでき、分かりやすくなっています。この機能のコンセプトのいくつかは、2020年にQlikが買収したKnarr Analytics に由来しています。

Yuki_Suzuki_0-1657672872419.png

現在はプレビュー期間として、管理コンソールの設定>機能のプレビュー>チャートおよび既定のシートの動作の作成をオンにすることで使用できます。このフラグは元に戻せませんのでご注意ください。オンにするとデフォルトの編集モードが新しいモードとなります。

新しい編集モードは、8月中旬にすべてのテナントに適用される予定です。

新しい編集モードには次のような機能があります。

  • 編集モードの項目一覧から値や頻度を参照、選択が行えます。
  • 編集モードのまま、選択などの分析操作を行うことができます。
  • 簡単にビジュアライゼーションに表示するデータにフィルタを適用することができます。
  • ビジュアライゼーションの変更やプロパティの変更がすぐに行えます。
  • ソーステーブルビューアにより、シートの検証が容易になります。
  • 詳細(従来)モードと切り替えて使用することができます。

ビジュアライゼーションの種類やプロパティはよく使用するものに限定しています。

詳細の使用方法については下記をご参照ください。

Qlik TECH TALK 動画:Qlik Sense の新しい編集モード New Authoring Experience のご紹介 

Qlik TECH TALK 資料:Qlik Sense の新しい編集モード New Authoring Experience のご紹介 

また下記の資料(英語)もご利用ください。

新しい編集モードを是非ご活用ください。

Tags (1)