Qlik Community

Ask a Question

Japan

Announcements
QlikWorld May 10-12, Online and Free! REGISTER NOW
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
Not applicable

QlikViewとサーバーの仮想化

サーバーの仮想化技術は以前から利用されていましたが、近年、仮想化の採用が拡大していますが、大企業がビジネスのコアとなる重要なアプリケーションの稼働サーバー環境を、仮想化技術を基盤にして構築し始めたのはほんの数年のことといえるでしょう。とはいえ、仮想化はすでに広く採用されており、現在では多くの企業にとって、専用物理サーバーを使用することは、例外的なケースとなりつつあります。通常これらの例外となるのは、高性能メモリとCPUを駆使したアプリケーションであり、これらは元々サーバー仮想化の促進役だった、メモリおよびCPUの活用が不十分なモデルには適合しません。

多くのQlikViewの顧客は、QlikViewのすべてのコンポーネントを仮想化することを前提に検討を開始します。また、QlikViewは、さまざまなBusiness Discoveryアプリケーションを構築できる堅牢なプラットフォームを提供しています。そのため、複雑なビジネス要件を有し、パフォーマンスへの期待が厳しい顧客にとっては、実稼働環境のQlikView Serverは専用の物理ハードウェア上を選択した方が適切といえる場合もあります。。ただし、このような場合でも、その他多数の導入コンポーネントを仮想化することで、顧客は全体的な仮想化の割合目標を達成することができると認識することが重要です。

本資料は、QlikView Server導入の仮想化を検討されている情報システム担当者を対象しています。。最初に、サーバー仮想化の背景を説明し、次に、QlikView Serverコンポーネントを仮想化する上での考慮事項について述べていきます。

0 Replies