Qlik Community

Japan

Announcements
Submit your remarkable customer story for the Global Transformation Awards at QlikWorld Denver 2022. SUBMIT A STORY
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
Not applicable

「<>」 と 「-=」 の違い

「<>」 と 「-=」 の違いについて、ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授下さい。

QlikViewの「数式の編集」において、関係演算子を使用する事が多々あります。

その際、「<>」 と 「-=」のどちらを入力すればよいのか、毎回悩んでいます。

もし、違い(そもそも違いはあるのでしょうか?)をご存じの方がいましたら、ご教授下さい。

1 Solution

Accepted Solutions
Not applicable
Author

追加回答です。

<>は何々でない。ですが、-= は条件式に一致する値の除外値ということになります。

結果的に同じことが出力されることが多いです。

-=はSET分析に使用することが多いです。

例えば、

sum({<A -= {"=A<>null()"}>} 値)でNULL()の結果を求める時など。

普通にsum({<A = null()>} 値)では正しい結果が出力されることがない場合があります。

View solution in original post

2 Replies
Not applicable
Author

「-=」が使えるんですね。

ヘルプでは「<>」が記述されているので、こちらを使用すれば良いのではないでしょうか?

Not applicable
Author

追加回答です。

<>は何々でない。ですが、-= は条件式に一致する値の除外値ということになります。

結果的に同じことが出力されることが多いです。

-=はSET分析に使用することが多いです。

例えば、

sum({<A -= {"=A<>null()"}>} 値)でNULL()の結果を求める時など。

普通にsum({<A = null()>} 値)では正しい結果が出力されることがない場合があります。

View solution in original post