Qlik Community

Qlik Japan

Qlik Communityの日本語のグループです。 Qlik製品に関する日本語資料のダウンロードや質問を日本語で投稿することができます。質問に関する回答は基本的に日本語で行われます。 日本語資料はグループにJoinしなくてもダウンロード可能ですが、 質問を投稿したい場合は、CommunityへのログインをしてグループにJoin Requestを行って下さい。 承認を受けた後に質問を投稿することが可能になります。 ログインはQlikIDを登録してください。

Highlighted
mokitsu61
Contributor

ローススクリプトで取り込んだデータの「データマネージャー」の操作

「スクリプト化されたテーブルの同期」とはどういう意味でしょうか?

この操作を行わないと「データマネージャー」でデータ操作できない理由(仕組み)を

教えてください。

1 Reply
Employee
Employee

Re: ローススクリプトで取り込んだデータの「データマネージャー」の操作

データマネージャーで作成されたスクリプトはデータロードエディタで

自動生成セクションというタブになります。このセクションはロックされているのですが

ロック解除をしてスクリプトを編集することができます。

編集したセクションはデータマネージャーでUI操作ができなくなります。

ここで「スクリプト化されたテーブルの同期」を行うとデータロードエディタで編集したスクリプトを基に

再度データマネージャーを使用できるようにします。

また、最初にデータロードエディタでスクリプトを作成したのちにデータマネージャーを使用したい場合にも

「スクリプト化されたテーブルの同期」を使用するとデータマネージャーでUI操作が可能になります。

最初にデータマネージャーでデータを取り込み、その後にデータロードエディタで編集した場合、

AutoCalendarの部分をデータマネージャーが再度作成するので、編集可能なセクションの

AutoCalendarの記述を削除してください。

また、「スクリプト化されたテーブルの同期」は上手く処理ができない場合もありますので

その場合は、データロードエディタで編集を行う形になります。