Qlik Community

Japan

Announcements
June 28, 10AM ET: Qlik Nation and Qlik Community present: CyberSleuth REGISTER TODAY
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
M_Ogimoto
Luminary Alumni
Luminary Alumni

Qlik Sense データマネージャーのメニューが表示されません

お世話になります。

Qlik Sense Enterprise 2018 Novermber + Patch2 をインストールしたのですが、アプリケーション作成のときに、データマネージャーのメニューが表示されません。

RootAdmin 及び 一般ユーザー のどちらも同じです。

セキュリティルールはインストール時から変更していません。

※Centralノード1台(Production&Develpment)とリムノード2台(Production)という構成で、リムノードではリポジトリ&エンジン のサービスを動かしていますが、今回の現象はCentralノードで発生しています。

どなたか対応策をご存知の方がいらっしゃいますでしょうか。海外のCommunityでも2018 June + Patchで似たような現象が報告されていますが未解決でした。

なにとぞご教示をお願いいたします。

qlik1.PNG

OGI Consulting Office
1 Solution

Accepted Solutions
M_Ogimoto
Luminary Alumni
Luminary Alumni
Author

お世話になります。

その後、サポートの方の支援や試行錯誤を経て、バグではなくProxyとVirtual Proxyの構成方法に問題があったことが判りました。

問題のあった構成:

CentralノードのVirtual Proxyに、Central(Both)、Rim01(Production)、Rim02(Production)を登録。

Virtual Proxyにロードバランスサーバーを設定すると、ラウンドロビン方式で負荷分散するため、ログインするタイミングによって、上記3つのサーバーのどれかに割り当てられてしまう。

この結果、新規アプリ作成 や データーマネージャーの表示が出たりでなかったりする。

Load Balancing Rules でユーザーのカスタムプロパティ値に応じてサーバー割り当てを制御できると考えていましたが、違っていたようです。Load Balancing Rulesは、コンテンツをどのサーバーに同期させるかに関するルールのようです。

現在、以下のような構成で動作させています。

現在の構成:

CentralノードのVirtual Proxyに、Rim01(Production)、Rim02(Production)を登録。

開発者用に新たな Virtual Proxy(Develop)を作成(Prefix: dev、Session-cookie-header-nameをX-Qlik-Dev-Sessionとしました)。

Develop用Virtual Proxyに、CentralノードのProxyサービスをリンク。(つまりCentralノード利用専用のVirtual Proxyを作成したということになります)

一般ユーザーは、https://Central Node Server/hub  でアクセスすることで、ラウンドロビンによる負荷分散で 2台のProductionサーバーに割り当てされる。

開発ユーザーは、https://Central Node Server/dev/hub でアクセスすることで、Centralノードに割り当てされ、アプリ開発をする。

QMCへのアクセスも、https://Central Node Server/dev/qmc でアクセスする必要があります。

 

取り急ぎご報告まで


OGI Consulting Office

View solution in original post

2 Replies
hka
Employee
Employee

設定によるものなのかバグなのか不明なため、サポートにお問い合わせいただいた方が

早く解決できるかと思います。

お問い合わせ方法は担当営業にご確認下さい。

M_Ogimoto
Luminary Alumni
Luminary Alumni
Author

お世話になります。

その後、サポートの方の支援や試行錯誤を経て、バグではなくProxyとVirtual Proxyの構成方法に問題があったことが判りました。

問題のあった構成:

CentralノードのVirtual Proxyに、Central(Both)、Rim01(Production)、Rim02(Production)を登録。

Virtual Proxyにロードバランスサーバーを設定すると、ラウンドロビン方式で負荷分散するため、ログインするタイミングによって、上記3つのサーバーのどれかに割り当てられてしまう。

この結果、新規アプリ作成 や データーマネージャーの表示が出たりでなかったりする。

Load Balancing Rules でユーザーのカスタムプロパティ値に応じてサーバー割り当てを制御できると考えていましたが、違っていたようです。Load Balancing Rulesは、コンテンツをどのサーバーに同期させるかに関するルールのようです。

現在、以下のような構成で動作させています。

現在の構成:

CentralノードのVirtual Proxyに、Rim01(Production)、Rim02(Production)を登録。

開発者用に新たな Virtual Proxy(Develop)を作成(Prefix: dev、Session-cookie-header-nameをX-Qlik-Dev-Sessionとしました)。

Develop用Virtual Proxyに、CentralノードのProxyサービスをリンク。(つまりCentralノード利用専用のVirtual Proxyを作成したということになります)

一般ユーザーは、https://Central Node Server/hub  でアクセスすることで、ラウンドロビンによる負荷分散で 2台のProductionサーバーに割り当てされる。

開発ユーザーは、https://Central Node Server/dev/hub でアクセスすることで、Centralノードに割り当てされ、アプリ開発をする。

QMCへのアクセスも、https://Central Node Server/dev/qmc でアクセスする必要があります。

 

取り急ぎご報告まで


OGI Consulting Office