Skip to main content
Qlik_JP_MKT2
Employee
Employee

Gartner 社は、最新レポート「Gartner® データ統合ツールの Magic Quadrant™」* で、再び Qlik を チャレンジャーとして評価し、リアルタイムのデータ移行・複雑な変換・データウェアハウスの自動化の分野における Qlik 独自の機能を強調しました。

2022-DI-MQ-SocialCard-JP-1200x628_V3.jpg

ブログ著者:Dan Potter 本ブログは Gartner’s Magic Quadrant for Data Integration Tools Highlights how Qlik Is Transforming The Way Data... の翻訳になります。

本レポートの重要な部分の 1 つである Gartner 社の「戦略的計画の予測」は、市場の方向性を示すのに役立ちます。今年、Gartner 社が示している 3 つの予測は、Qlik のデータ統合戦略と非常に合致しています。

“2024年までに、拡張データ統合をサポートするデータファブリックデザインパターンの導入で、手動によるデータ統合作業が最大 50% 削減される

“2024年までに、AI を活用した拡張型のデータ管理・データ統合で、IT 専門家の必要性が最大30% 削減される

拡張化は再び大きなテーマとなります。Gartner 社は、Qlik における最近の買収が、この分野の主な機能を大幅に向上したと評価しました。具体的には、メタデータとデータ系統の Nodegraph 社、AutoML および拡張データ統合の Big Squid 社、アプリケーションおよび API 統合の Blendr.io 社の買収です。また、手作業を低減する上で大きな役割を果たす自動化において、データウェアハウスの自動化における Qlik の成熟度を特に高く評価しています。

“2025年までに、PaaS モデルによるマルチクラウドハイブリッドのデータ統合機能を備えていないデータ統合ツールは、この機能を備えている事業者に市場シェアの50% を奪われるだろう

この予測は、Qlik Cloud が提供する新たな PaaSと非常に合致しています。マルチクラウドへの対応はもちろん、各ハイパースケーラープラットフォーム上のあらゆるデータソースとターゲットに対して、手厚く幅広いサポートも必要です。また、「ハイブリッドデータ統合」の予測を見逃さないでください。ほとんどのデータは未だにオンプレミスに存在し、クラウドにアクセスしてデータを移行するための大規模かつ安全な方法が必要です。そこで、Qlik の変更データキャプチャとローカルゲートウェイのアプローチの出番です。

Qlik の今後の展開は?

Qlik はここ数年、最も急速に成長しています。Qlik のデータ統合は、最も評価の高いデータ統合ソリューションの 1 つであり、企業の変化する課題に対応できる体制を整えています。

次の四半期には、Qlik Cloud データ統合の一部として、重要な新しい PaaS 機能を提供できる予定です。このサービスは、既存のデータ移行サービスと連携して SQL ベースの変換とデータマートの自動化を定義し、最も普及しているクラウドデータウェアハウスプラットフォーム(SnowflakeAzure SynapseGoogle BigQueryDatabricks)にプッシュダウンすることができます。

また、新しい Qlik Gateway for Data Movement は、ファイアウォールの背後に設置して、企業のすべてのオンプレミスデータへのアクセスを促進。安全で拡張性の高い変更データキャプチャ機能で、クラウドへのリアルタイムのデータ提供を支援します。

今週、米国オーランドで開催予定の Gartner Data and Analytics Summit Qlik ブースでお待ちしています。データ統合の未来についてご紹介する Qlik の講演に、ぜひご参加ください。

*Gartner, Magic Quadrant for Data Integration Tools, Ehtisham Zaidi, Sharat Menon, Robert Thanaraj, ...