Skip to main content
Yuki_Suzuki
Employee
Employee

2023年12月の Qlik Cloud の新機能をご紹介します。

分析の新機能

Excel レポートの配信

テーブルを含むExcel 形式のレポートを作成する機能が追加されました。Excel アドインによりExcel上でレポートを作成し、多くの受信者にスケジューリングによって配信することができます。

Yuki_Suzuki_0-1704353894834.png

主な機能

  • 複数シートのレポート作成
  • 軸毎にシート作成
  • メール配信、Share point フォルダーへの配信
  • スケジュール設定による配信
  • 複数アプリからの構築 など

前提事項

  • Reporting Service のご契約が必要です。
  • Qlik Excelアドインは、Microsoft 365内の互換性のあるWeb版およびデスクトップ版のMicrosoft Excelに導入してインストールすることができます。Microsoft 365のデスクトップ版Excelでアドインを使用するには、Windowsオペレーティングシステムが必要です。
  • Qlik Excelアドインを実行するには、 ExcelAPI 1.9 以降を備えたMicrosoft Excel がインストールされている必要があります。
 
境界線と影

ほとんどのチャートで、境界線と影の設定ができるようになりました。

Yuki_Suzuki_1-1704354307526.png

テーマのスタイルとは別に、チャートごとに下記のスタイルを設定できます。

  • 境界線の太さ、色、角の半径
  • 影の大きさ、色

 

新しいピボットテーブル

Yuki_Suzuki_2-1704354408090.png

Visuzlization Bundle に新しいピボットテーブルが追加されました。下記の機能が使用できます。

  • 軸のヘッダーのスタイリング
  • ヌル値のカスタムシンボルと色設定
  • グリッドの境界の幅と色設定
  • ヘッダーとセルのフォントのスタイリング
  • 合計のスタイリングと配置オプション(上または下)
  • 列幅のオプション(自動、ピクセル、パーセンテージの設定
  • メジャーのインタラクティブな並べ替え
  • 外枠、影の設定

 

レイアウト コンテナ

Yuki_Suzuki_3-1704354477742.png

Dashboard Bundle にレイアウトコンテナが追加されました。チャートを自由に配置、重ね合わせができ、各ビジュアライゼーションの条件による表示コントロールも可能です。

  • レイアウト内の複数チャートをまとめて選択、移動
  • 新しいビジュアライゼーションとしてチャートを結合
  • 複合KPIを作成
  • グルーピングしてユーザーコントロールやボタンを再利用
  • 美しいダッシュボードレイアウトが可能

 

Qlik Datagateway直接アクセス 新バージョン(1.6.1)

・複数のコネクタプロセスにまたがるリロードのサポート

コネクタプロセスの分離がDirect Accessゲートウェイに追加されました。これはオプトイン機能で、デフォルトではオフになっています。ゲートウェイ・サーバーのオペレーティング・システムに直接アクセスできる管理者は、コネクターの種類ごとにリロードに使用できるプロセスの数を制御できます。複数のコネクタ・プロセスにリロードを分散させると、各コネクタ・プロセスで同時に実行されるリロードの数が減るため、分離レベルが向上します。これにより、コネクタのクラッシュが発生した場合の Direct Access ゲートウェイ全体の安定性が向上します。

・SAP BWを Datagateway-直接アクセス 経由で使用する場合のチャンキングを無効にする機能を追加

SAP BW(Direct Access gateway経由)コネクタ用のBEX_ONE_CHUNKアプリケーションパラメータが導入されています。Qlik CloudからSAP BWに直接アクセスする場合は、パフォーマンスを最適化するために、結果セットはSAPバックエンドでチャンクに分割され、別々のスレッドとして読み込まれます。しかし、Datagateway-直接アクセス経由でSAP BWにアクセスすの場合は、結果セットをチャンクに分割することに実質的な利点はなく、むしろデータ転送の間、追加の一時テーブルを作成する必要があるため、SAPの共有メモリをより多く消費します。SAP コネクタのバイナリ・フォルダにある appsettings.json ファイルで BEX_ONE_CHUNK:false を設定することで、チャンキングを無効にすることができます(通常は必須ではありません)。

・Datagateway-直接アクセス 経由のSAP BW と SAP SQL コネクタの診断機能改善

Datagateway-直接アクセス 経由のSAP BW と SAP SQL コネクタのログについて、ログファイル名に _port が付加されました。また、同じポートでリッスンしているコネクタの新しいインスタンスからのイベントを区別するために、コネクタのログファイルに ProcessID=### メッセージが追加されました。

・再接続の改善

リロード中の再接続メカニズムが改善され、 リロードを開始したポッドに接続する必要がなくなり、 最初に使用可能なポッドに接続されるようになりました。

 

データ統合の新機能

Microsoft Fabric のサポート(ターゲット)

データパイプライン・プロジェクトでターゲットとして使用できるデータウェアハウスに Microsoft Fabric が加わりました。Qlik Datagateway – 移動 2023.5.15 以降が必要です。

 

追加の SaaS アプリケーション コネクタ
  • Acumatica ERP
  • GitHub
  • QuickBooks
  • SAP Ariba
  • SAP Cloud for Customer
  • SAP Fieldglass
  • SAP SuccessFactors Payroll
  • Stripe
  • Zoho Books
  • Zoho CRM
  • Zoho Expense
  • Zoho Inventory
  • 既存の Oracle OPERA コネクタが更新され、変更データ キャプチャがサポートされるようになりました。

 

新機能の詳細はこちらからご覧ください。日本語版は翻訳のため少し遅れる場合があります。言語を「英語」に切り替えると最新情報をご覧いただけます。

Tags (1)